L'escargot Design

レスカルゴデザインオフィス

広告・販促・デザイン

思わぬリスク回避にも。かかりつけデザイナーのススメ



最近よく聞く、かかりつけ医やかかりつけ薬剤師。


同様に、かかりつけのデザイナーを決めておくのはいかがでしょうか。




チラシやパンフレットなど何かをつくる度に毎回、相見積を取って、その都度安いところに依頼する。そうすれば目先のコストは節約できるかもしれませんが、デメリットもあります。一方、いつも決まったところへ依頼し、良い関係を築くことで得られるメリットは小さくありません。


自然と回避できるリスクもあり、発注にあまり慣れていない方に特におすすめします。




統一感とクオリティの安定

企業やブランドのイメージはきちんとコントロールしないとブレてしまいます。


見積重視で毎回違うところ(一番安いところ)へ発注していたら、いつの間にかイメージがバラバラに…という事態にも。




決まったデザイナーに発注すれば、イメージの統一が比較的容易になります。むやみに低価格を追いかけないことでクオリティも期待できますし、断続的に展開する複数のツールを連動した考え方で構築することもできます。 制作物が多い場合はブランド(商品)ごとに分けるなどしても良いかもしれません。



進行もスムーズに

その他、進行面でのメリットがあります。


初めてのご依頼いただく場合は特に時間をかけてヒアリングしたり、資料も多めに提供してもらう必要があります。また、確認・承認のプロセス、かかる時間が各企業によって違うため、進行自体についてのすり合わせも必要です。

繰り返し仕事をしていくと、前提となる説明や打ち合わせは当然、ある程度省けるようになってきます。

スピード感を要求される現場では、すぐに本題に入れる環境はとても大きなアドバンテージとなります。




また、コミュニケーションがスムーズになり、スピード感もお互いにわかってきます。予想も立てやすくなり、打てば響く臨機応変な対応にもつながります。


制作を円滑に進めることはストレスを減らし、クォリティに良い影響をもたらすことも多いでしょう。




思わぬリスク回避にも

クリエイティブ関連で時々問題になるのがイラストや写真などの無断使用。


例えば、仕上がったパンフレットのイラストやデザイン、コピーなどを制作者の許可なく使いまわして、ポスターやチラシ、グッズなど、違うものをつくってしまう。無断流用となり、大きなトラブルになり得ます。


事態が収まらずに公になってしまえば、企業イメージは傷つき、大きなダメージになりかねません。




この無断流用トラブルを防ぐのに一番有効なのは、同じ内容に関する制作物は同じデザイナー(制作者)に依頼すること。


素材の流用費が発生することもありますが、最初からわかっているのであれば、全体を含んだ見積を取っておけば安心です。




発注先を振り分けなくてはいけない場合、例えば印刷物の素材をWEBに使いたい時(その逆も)などは、早めに相談するようにしましょう。




同じ制作物の改訂版は同じ人(制作会社)に頼むのが原則。効率も良く、何より合理的ですし、権利関係以外でも多くのトラブルや無駄を防ぐことができるはずです。