L'escargot Design

レスカルゴデザインオフィス

広告・販促・デザイン

誰に依頼しますか?~デザイナー選びのポイント4



個人事務所やフリーランス、デザイナーを複数抱えるデザイン事務所、デザインを扱う制作会社と一口に言っても、いろんなタイプがあります。


ネットで検索すれば依頼先はたくさん出てきますが、それだけに、いざ制作を依頼しようと思った時、数多の候補からどこに依頼したら良いのか、迷ってしまう方も多いと思います。




第一歩としては、今までどんな仕事をしてきたのか、どのジャンルに強いのか、ホームページを見たり直接問い合わせるなどして情報収集をしてみること。


この時、どういう視点でチェックすれば良いのでしょうか。




前回に引き続き、印刷物を依頼する時に、見る(聞く)べきポイントをざっくりあげてみることにします。



デザイナー選びのポイント4 プロのデザイナーですか?


…こう書くと身も蓋もない感じですが、もしかしたら、今の時代ならではの注意点。


会社か個人事業主/フリーランスかに限らず、その仕事を本当に事業として続けているかどうか。プロとしての実態や経験があるかどうか。




今欲しいものがとりあえずできればと、あまり気にしない方も多く、意外と盲点なのかもしれません。




少し前のことですが、以前作ったものを改訂して使いたいが、当時の制作者に連絡が取れなかったので…というお客様からご依頼いただいた事例がありました。安価で気軽に依頼できるクラウドソーシングのサイトで頼んだものだったようです。




同じデザイナーに頼めば少しの調整で済んだ変更内容も、結局作り直しになってしまいました。




また別のケースでは、ロゴなのにデータに汎用性がなかった、ということがありました。画像データで、印刷するには名刺に入れるサイズがやっと。色もWeb用の設定でした。


最初はそれで足りていたのですが、数年経って、いざ他の展開をしようとした時に使いものにならなかったのです。この時もデザイナーが行方不明。使えるデータをもらってください、とお願いしたのですが、連絡がつきませんでした。そんなロゴデータのつくり方を見ると、残念ながらプロだったとは思えません。


言うまでもないことですが、ロゴは一回使っておしまいではなく、何度も繰り返し使うものです。最初はWebや名刺だけで良いかもしれませんが、事業も拡大していきますから、いずれはパンフレットが必要になり、もしかしたら看板までつくるかもしれません。


こちらもトレースしてデータを作り直し、余計な費用が発生してしまいました。




1年後、2年後、3年後…、そのデザイナーに連絡がつくでしょうか。


こうしたサイトを利用するのであれば、リスクも知っておく必要があるでしょう。

安いのにはそれなりの理由があるものです。




そこから先は…


お伝えした4